CSR(野菜チャンネル)

4粒のタネから蘇った「佐土原ナス」

2017年03月30日

宮崎県の伝統野菜「佐土原ナス」。

かつては宮崎県では佐土原ナスが主流でしたが、戦後は収量が多く色や形が均一な品種のナスに押され、1980年には食卓から姿を消しました。

それから20年の月日が流れた2000年。

「あの味をもう一度」と、保存されていたタネを蒔いたところ、たった4粒が発芽。再び栽培されるようになった奇跡のナスです。

約30cmもの長く大きな形状で、一般的なナスに比べて種が少なく皮が薄め。熊本県特産の「赤ナス」の原種で、なんと江戸時代から栽培されていたそうです。

IMG_3314

おすすめの食べ方は、焼きナス。火を通すと、舌の上で果肉がとろけるような食感に。柔らかく甘く食べごたえがあり、最高の肉質が評価されています。

輪切りにすると柔らかな果肉の食感を楽しむことができ、縦切りの場合は、身と皮の間の甘みが感じられます。とっても長いナスなので、1本あれば輪切りと縦切りの食べ比べも楽しむことができます。ナスの中でも卓逸したボリューム感と食べごたえで、食卓の主役にもなれる野菜です。

IMG_3504

IMG_3505

佐土原ナスは、江戸時代から現代までの壮大なストーリーに思いをはせながら食べると、そのおいしさもひとしお。ちなみに、4月17日は「良(4)い(1)な(7)す」で「なすび記念日」だそう。蘇った幻の佐土原ナス、ぜひお試しください。

湯河原で300年以上続く柑橘農家「嵯峨沢農園」の新柑橘(H27.3)

2015年05月15日

神奈川県足柄下郡湯河原で300年以上続く「嵯峨沢農園」さんを訪問してまいりました。

「嵯峨沢農園」は海に近い、南向きの日当たり傾斜地にある段々畑で柑橘を栽培しています。石垣に覆われた水はけの良い環境で手掛ける品種は40種類位あり、毎年新しい品種にトライしているそうです。

本日のメインはこちら。これから品種登録される新しい柑橘についてです。

水信 野菜チャンネル 新柑橘

この品種は川野夏橙×春光柑の交配を17年余りかさねてようやく品種登録にこぎつけたそうです。見た目や味は川野夏橙という甘夏の在来種を母に掛け合わせている為、甘夏に近い印象ですが甘夏よりも酸味がまろやかで糖度が高く感じられました。また父である春光柑(文旦系)のさわやかな香りも特徴です。

この柑橘は常盤さんのオリジナル品種で収穫量は1t程度と未だ少ないですが、その分の希少価値が高い商品です。今後、甘夏の後継品種としての期待感があり、地元神奈川で生まれ育った柑橘だからこそじっくり丁寧に育成販売していきたいと考えています。

今回は、PR活動として品種名をお客様に公募したいと考えています。地元神奈川で生まれ育った新しい柑橘を生産者である常盤さん自身にお店で商品の紹介をしていただき、愛着心や安心感を深めると共に、新しい柑橘の注目度を集めながら少しづつ認知していただくのが狙いです。

20 / 20« 先頭...10...1617181920