CSR(野菜チャンネル)

プラムの季節

2018年06月01日

しっかりとした歯ごたえと酸味がお好きな方は、佐賀県産「ソルダム」。皮はグリーンで果肉は赤色。皮が赤みを帯びてきたら食べごろです。

34034489_1207972036000378_6439771099155660800_n

酸味が少なく柔らかいほうがお好きな方は、和歌山県産「大石プラム」。皮は黄緑色で果肉は黄色。成熟にしたがって赤く染まっていき、食べごろの完熟状態は驚くほど真っ赤になります。

34035690_1207971989333716_2763000487841103872_n 34066392_1207971979333717_2389255667853557760_n

酸味が少なく肉厚で食べ応えがあるほうがお好きな方は、山梨県産「貴陽プラム」。紫赤色で成熟具合が見た目ではわかりにくいですが、皮に少ししわが寄ったり、指で触って弾力が出たら食べごろです。

34094159_1207972019333713_3707789479306592256_n

一般的には完熟が「食べごろ」と言われていますが、「好みの熟し具合は人それぞれ」と横浜水信野菜ソムリエ。ぜひお好みの熟度を探してみてください。

スイカ?メロン?不思議な果皮の「マルセイユメロン」

2018年05月31日

メロンのような細かいネット状の柄に、スイカのような濃い緑色の縦縞が入った不思議な果皮の長崎県産「マルセイユメロン」。割ってみると、れっきとしたメロンで、味もメロンです。

34034475_1207196952744553_9163877131963334656_n
赤肉で糖度が高く、果汁がたっぷり。滑らかな果肉は「気持ち硬めのうちに食べるのがおすすめ」と横浜水信野菜ソムリエ。熟れすぎてしまうと食感が悪くなってしまうそうです。

食べごろは店頭でソムリエにお尋ねください。

1本でなす5本分の長さ!熊本県産「大長なす」

2018年05月21日

熊本県産「大長なす」は、全長40センチほどもある長〜いなす。横浜水信野菜ソムリエによると、「『大長なす』の長さは、関東の私たちが一般的だと思っているなすの5本分。でも、九州では『大長なす』のような長なすが一般的なんです」。ところ変われば野菜の常識も変わるのですね。

33149415_1201053240025591_2378990236454617088_n

野菜ソムリエおすすめの食べ方は、生よりも加熱。実がやわらかく、火を通すととろりとした食感に。皮もやわらかいので気になりません。焼きなすや煮浸しなどでお楽しみください。

根強い人気!昔ながらの懐かしメロン

2018年05月16日

メロンと言えば、果皮にネット(網柄)があるメロンがポピュラーですが、横浜水信では昔懐かしいまくわうりのようなつるつるとした皮の「プリンスメロン」と「キンショーメロン」もご用意しています。

32759920_1199587903505458_8831488217061523456_n 32705617_1199587893505459_972609818218987520_n

「キンショーメロン」と「プリンスメロン」は新品種に押されて栽培者が減り、今ではあまり見かけなくなってしまいましたが、根強いファンに愛されているメロンです。

「プリンスメロン」は、まくわうりに赤肉種のメロンを交配させて誕生した品種。香りがとっても強く、ナイフを入れていない状態でも鼻を近づけると甘い香りが感じられます。甘みも強いメロンです!

「キンショーメロン」は、果皮が黄色いまくわうりにスペイン系メロンを交雑して誕生。果肉が白くさっぱりとした甘さです。お買い上げ後、果肉はさくっとした歯ざわりですが、数日追熟するとやわらかくジューシーに。お好みに応じた食べごろは横浜水信野菜ソムリエにお気軽にお尋ねください。

2018年05月16日

\\爽やかな甘さのトロピカルフルーツたち//

「果実の女王」と呼ばれる「マンゴスチン」。日本では栽培されていませんが、東南アジアに旅行に行って食べたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

32581669_1198459553618293_5069068020765163520_n

横浜水信ではタイからエア便で届いた「マンゴスチン」をご用意しています。分厚い赤紫色の皮を剥くと、ぷりんとした白い果肉。ライチのような爽やかな甘さです。

皮は指でぐっと力を入れて割ることができますが、力に自信がないという方はナイフをお使いください。

32541318_1198459560284959_4298203287569563648_n

日本で栽培しているトロピカルフルーツと言えばマンゴーがメジャーになってきましたが、変わり種は沖縄県産「パッションフルーツ」。そのままでもお召し上がりいただけますが、甘いヨーグルトやアイスクリームと一緒に食べるのもおすすめ。果肉に酸味があるため、酸味と甘味が相性抜群です。店頭に並んでいるときはすでに完熟状態ですが、皮がしわしわになるまで追熟すると酸味が抜けて甘みぐっと増します。

さくらんぼの季節

2018年05月15日

5月も半ばに差し掛かると、いよいよさくらんぼの季節!

32482763_1197869133677335_3628614716437299200_n 32698219_1197869140344001_7343181074316394496_n

山形県産「紅秀峰」はしっかりとした果肉で、やや酸味があるぶん味が濃い品種。一方で、山形県産「佐藤錦」は果肉がやわらかく、酸味が少ない品種。店頭で横浜水信野菜ソムリエがお好みの品種をご案内いたします。お気軽にお声がけください!

酸味が少なくクリーミー「サンゴールドキウイ」

2018年05月14日

「キウイフルーツは酸っぱくて苦手」という方にぜひお試しいただきたいのが、ニュージーランド産「サンゴールドキウイ」。驚くほど酸味が少なくクリーミー!ジューシーで滑らかな舌触りです。

32411118_1197186120412303_3546718022339133440_n

「サンゴールドキウイ」の中でも甘くておいしい印は「Zespri」シール。「サンゴールドキウイ」と、少し酸味のある「グリーンキウイ」は、いずれもデザートだけでなくサラダやキウイソースなどお料理にもお使いいただけます。

国産は初夏限定!「ヤングコーン」

2018年05月12日

山梨県産「ヤングコーン」は茹でてサラダやにしたり炒め物にしたりとさまざまなお料理にお使いいただけますが、皮ごと焼いて薄皮やヒゲごとお召し上がりいただくのもおすすめです!

32215149_1195741383890110_2791300989427122176_n

ヒゲは捨ててしまいがちですが、実は甘くておいしい部分。横浜水信野菜をソムリエによると、「ヤングコーンのヒゲのかき揚げ」はとってもおいしいそうです。この時期だけの贅沢な天ぷら、ぜひお試しください!

ヒゲについて、野菜ソムリエがもうひとネタ教えてくれました。「1本のヤングコーンからとれるヒゲの数と粒の数は同じ」。気が遠くなるような作業ですが、数えた人がいるのですねー

細いアスパラと太いアスパラどっちがやわらかい?

2018年05月10日

太いアスパラは硬い…と思われがちですが、実はアスパラは太いほうがやわらかいってご存知でしょうか?

北海道直送「グリーンアスパラ」は、しっかりと太く、甘くてやわらか!横浜水信野菜ソムリエのイチオシです。

32116869_1195142433950005_5521514972535848960_n


アスパラの上部はよりやわらかめなので、さっと茹でてサラダに。天ぷらもおすすめです。下部は炒め物や肉巻きなどでお楽しみいただけます。

アスパラは上に伸びようとするため、寝かせて保存するとアスパラにストレスがかかり硬くなってしまいます。新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で立てた状態で保存することをおすすめします。

地元のいいもの☆秦野市産「根生姜」

2018年05月09日

横浜水信では地場のいいものを積極的に取り入れています

32156558_1194425254021723_38939870017617920_n

「根生姜」は高知県産が有名ですが、秦野市産も負けないくらい立派!市場に入荷してから2日経っても切り口が変色せず新鮮さが長持ち。1袋にたっぷりと入っているので、薬味や料理に贅沢にお使いいただけます!

2 / 2012345...1020...最後 »