CSR(野菜チャンネル)

無条件で美味しい! 旬の今だけ味わえる「水信印」サクランボ~その1

2018年07月04日

この二つ並んだサクランボのパッケージは、どちらも山形産「紅秀峰」という品種。この二つ、同じく甘~い美味しいサクランボなのですが、何かが違う!
パッケージ? 中身の量? それだけではないんです。

2018年の水信桜桃

写真下の「水信桜桃」は、収穫前の産地に横浜水信のバイヤーが足を運び、今年の出来栄えをしっかり確認。間違いのない「確かな美味しさ」のサクランボを、一人の農家さん(今年は山形天童の太田さん)に限定して仕入れています。

一人の農家さんに絞るのは、水信のこだわり。絞り込むことによって、味ムラのない、安定した美味しさをお届けできるからです。

産地直送の特別にフレッシュで、出処がはっきりした“由緒正しき品”。
限定品のため、店頭で見かけたらラッキーです!
今年はサクランボの旬も早めに到来したので、味わえるのはあとわずかの時期となっています。

ほかの品よりちょっとお高めですが、まるで「失敗しない」外科医たちのような⁉ サクランボ。
横浜水信が自信をもってお薦めする特別な逸品を、大切な方へのご贈答や自分へのご褒美に、ぜひお買い求めください!

「水信」の名前を冠した旬のフルーツたちには、まだまだこだわりがいっぱい!
次回も、美味しさの秘密についてお伝えしていきますので、お楽しみに♪

 

☆南アフリカから届いたグレープフルーツ☆

2018年06月30日

グレープフルーツは酸っぱい…というイメージをお持ちの方、南アフリカ産のグレープフルーツをぜひ試してみてください。

36336045_1233076183489963_796447108893769728_n 36318996_1233076166823298_9095951558457163776_n

「スタールビー」(ルビー)と、「マーシュ」(ホワイト)は、いずれもアメリカ・フロリダ産と同様においしいグレープフルーツ。横浜中央卸売市場で試食してみたところ、フロリダ産はルビーがおすすめでしたが、南アフリカ産はホワイトがおすすめ。

暑くなってくると、甘さの中にちょっと酸味のある爽やかなフルーツが食べたくなります。これからの季節にピッタリです!

リーズナブルでおいしい!今が旬の青肉メロン

2018年06月28日

青肉メロンにはデイリーにお楽しみいただけるものもあります。

千葉県産「アムスメロン」と茨城県産「イバラキング」は、横浜水信のバイヤーが「この時期の青肉メロンでは1、2位を争うおいしさ」とイチオシするメロン。特に「アムスメロン」は糖度16度保証です。

36088180_1231244197006495_7049536870413238272_n 36324388_1231244147006500_6508869327582658560_n

おいしい青肉メロンはマスクメロンのような高級メロンだけではありません!リーズナブルでおいしいメロンをぜひお楽しみください。

梨好きに朗報!山梨県産「幸水」が登場!

2018年06月26日

まだ梅雨の晴れ間ではありますが、既に山梨県・石和産の梨「幸水」が登場しています!

36003069_1229776147153300_3794795436435308544_n

秋まで待てない!という梨好きにとってはうれしいかぎり

梨はこれから旬に向けて美味しくなっていきます。

産地直送!「水信桜桃(みずのぶ さくらんぼ)」

2018年06月25日

山形県天童市の露地栽培の桜桃(さくらんぼ)。

36137301_1228267243970857_6750178534645301248_n
露地栽培は味が良く価格もお手頃。さらに、産地から店舗まで直送のため、ぎりぎりまで樹上で完熟。鮮度も抜群です!

横浜水信では、その時期に最もおいしい天童の桜桃を「水信桜桃」として販売しています。

現在は「紅秀峰」。7月上旬ごろまで品種リレーをしながらお楽しみいただけます。最後は、原木栽培で数量が少なく、販売期間も短い、希少な「大将錦」の予定です。

露地栽培のいんげん

2018年06月23日

千葉県・袖ヶ浦産の露地栽培「いんげん」は、生のままかじってみると、その甘さに驚きます!

35927133_1225901147540800_7496102409932898304_n
他のいんげんと食べ比べてみると、その違いが分かります。横浜水信バイヤーも「しっかりと味がある」と太鼓判の「いんげん」です。さっと茹でるとさらに甘さが引き出されます!

野菜ソムリエ厳選☆その時期に最もおいしい「水信スイカ」

2018年06月21日

横浜水信では、野菜ソムリエのバイヤーが選び抜いたその時期に最もおいしい「水信スイカ」をご用意しています。

35720490_1222605134537068_8809426786833137664_n

今の時期から7月上旬ごろまでは、千葉県八街市のスイカ「まつりばやし」。甘くておいしいスイカの証は、上部へた回りの「いぼり」。優しくなでてて、ボコボコとした感触があったら、それはおいしいスイカです。また、下部のヘタに向かって食い込むような形状になっているスイカも甘さの証。「まつりばやし」は、上部はボコボコ、下部は食い込み型の甘ーいスイカです。

7月上旬から8月上旬ごろまでは、鳥取県倉吉市のスイカ「極実」。生産できる農家が限られている希少なスイカです。

8月上旬ごろからは、山形県尾花沢市のスイカ「羅皇(らおう)」。2年前にできた新品種です。尾花沢スイカは有名ですが、実は産地が東部と西部で土質が違い、できるスイカの味も違います。生産量が多く一般的に出回っているのは西部のスイカ。一方で、東部のスイカは生産量が少なくほぼ出回っていません。ところが、地元で「味がいい」と人気なのは東部のスイカ。横浜水信では、この東部のスイカをご用意しました。自信を持ってご提供いたします!

おいしいスイカリレーをぜひお楽しみください。

箱根温泉でイチゴ栽培に成功!「箱根りりか」

2018年06月18日

多くの観光客が訪れる箱根温泉(神奈川県・箱根町)の観光名所の一つ、「箱根湿生花園」内で一年中収穫できるイチゴ栽培に成功しました。

35542749_1220712328059682_550615039275433984_n
完熟収穫のため食べる前から芳香が漂い、口に入れると、果肉のしっとり感と甘さを感じられます。鼻を抜ける芳醇な香りが特徴です。

1日2キロほどしか収穫できない希少品種です!

★「箱根りりか」美味しさの秘密★
【イ】色が真っ赤になるまで完熟させて収穫。
【チ】地形が生んだ箱根の標高差と寒暖の差(昼夜で20度)
が糖度を上げる。
【ゴ】こだわりの栽培。季節ごとに配合を変える肥料と土壌で一年中おいしいイチゴに。

「梅仕事」「らっきょう仕事」の季節

2018年06月03日

「梅仕事」の季節。横浜水信の店頭では、用途別に梅をご用意しています。小田原産「白加賀」は梅酒用、小田原産「十郎梅」や和歌山県産「南高梅」は梅干し用。どの梅を選べばいいのか、お悩みの際はぜひ店頭で横浜水信野菜ソムリエにお気軽にお尋ねください。

34259048_1209416002522648_3816143524135436288_n

そして、鳥取県産「砂丘らっきょう」は甘酢漬けや醤油漬けに。横浜水信の野菜ソムリエによると、らっきょうを半割りにして生醤油に漬けたそうで、「半日で食べられて簡単ですよ」と絶賛していました。

34278683_1209415999189315_6686875999512035328_n

年間通して「いちご」を販売

2018年06月02日

横浜水信では年間通していつでもその時期においしい「いちご」を探してご用意しています。

34189602_1208645859266329_2762783892640366592_n
今は北海道産「夏いちご(ゆめのか)」。鮮やかな紅色で、しっかりとした果肉。酸味が少なく甘くてジューシーです。

1 / 2012345...1020...最後 »